Aterm WG2600HPを買ったのでレポート

レビュー

我が家のルータはdocomoからWiFiキャンペーンでもらったものを使っていました。

安定して24時間265日動作してくれており、我が家のネットワークを支えてくれていました。
ただ、有線LANが100BASE-TXまでの対応、無線LANもIEEE802.11nまでの対応という点がネックになってきました。
我が家のインターネットはいまだにADSLを使っているので、このルータでも十分なのです。
でも!!NASへのアクセスはルータがネックになっていて遅いんです。
そのための対策としてルータを買うことにしました。

ルータの選定

ルータの選定に当たり、最低限の条件は

  • 有線LANが100BASE-TX対応
  • 無線LANがIEEE802.11ac対応

としました。
スピードも大事ですが、24時間365日止まらずに稼働し続けてくれるという安心感も大事です。安心感のあるメーカということで、これまでと同じNECのAtermシリーズとBuffaloのAirStationシリーズの2種類に絞り込みました。

せっかく買い替えるので、今後のことも考えて上位のものを選ぶことにしました。
探していて思いましたが、どうして無線LANルータって部屋の広さを基準にしてグレード分けをしているんでしょうね。
無線の最大出力は法規制で制限されているので、グレードによる差は無いと思うんですがね。

そんなことを言いながらそれぞれのシリーズで1つに絞り込みました。
Atermシリーズだと

AirStationシリーズだと

値段も1万5000円程度、ビームフォーミングにも対応とあまり機能的な違いはありません。
これまでNECのAtermシリーズを使ってきたので、安心感はAtermがあります。ネット上の情報を見てもAtermはなかなか安定しているようです。
なので、NEC Aterm WG2600HPに決めました。

Aterm WG2600HP到着

Joshinのオンラインショップで500円引きクーポンがあったので、Joshinで注文しました。
金曜に注文して火曜に届きました。



Windows10にも対応しているようです。
最近増えてきていますね

セットアップはいたって簡単です。
XPS13には有線LANは無いので、無線LANで接続して設定します。
裏面のSSIDとパスワードを指定すれば、接続できます。
接続するとすぐにブラウザが自動で開きました。

これはびっくりしました。こんな機能を実装できるんですね
普段はいりませんが、初回はちょっとうれしい機能でした。

最後にFreeNASアクセスの速度を測ってみました。

変更前を測っておけばよかったですね。。

レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
三日坊主のメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました